料理研究家の藤野真紀子さんが1月15日19時から、TBSで放送される「爆報!THEフライデー」に出演されます。

藤野真紀子さんは小泉チルドレンとして、衆議院議員を1期務めるなど、政治家としても活動されていました。

現在は今のコーナーに出演されるということで、気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

藤野真紀子さんのプロフィール

fujino

画像引用 http://www.e-soleil.biz/

名前 藤野真紀子(ふじのまきこ)

生年月日 1949年9月15日(66歳)

出生地 東京都

藤野真紀子さんの経歴

白百合学園高等学校を経て、聖心女子大学文学部を卒業。

1973年、藤野公孝氏と結婚。

夫の転勤でニューヨークへ渡る。

同地でアメリカン・ベーキングを学んだことがきっかけで、料理研究家としてデビュー。

その後、夫のパリ転勤に同行。

「エコール・リッツ・エスコフィエ」でお菓子と料理を学び、ディプロマを取得。

マダム・ヴォ―ジェルのフランス家庭料理を学び、コルドンブルー、ラ・ヴァレンヌ等のデモンストレーションに度々参加。

それと共に、洋菓子専門誌「ATTENTION」にパリ便りを連載。

1992年、帰国後、お菓子と料理の教室「マキコフーズ・ステュディオ」を主宰。

1993年、ティールーム「ラディアント」委託経営・コーディネート。

1994年、農林水産省 乳製品協会による菓子コンクール審査員。

2000年、厚労省「女性のライフスタイルの変化などに対応した年金の在り方に関する検討会」委員会就任。

2001年、フランス政府観光局・エールフランス共催「2001年度フランスの旅委員会」親善大使就任。

2005年~2009年、衆議院議員

愛知4区から立候補。

選挙では食育で愛知4区を日本一治安の良い地域にすること、アトピー性皮膚炎の完治・撲滅、食のテーマパークを名古屋で作ることを訴え、障碍者自立支援法の成立を公約した。

2011年、フランス共和国 農事功労章 シュヴァリエ受勲。

など、料理に関する勉強や仕事を始めたきっかけは、主婦になり、母になり、世間から取り残されたような気持ちになったことだったそうです。

これは主婦の方が一度は感じるジレンマなのではないでしょうか。

そこで一歩踏み出すのは大変難しいとは思いますが、藤野真紀子さんは踏み出したんですね。

それが現在の活動につながっているようです。

藤野真紀子さんの家族関係については次のページへ