シンガーソングライターの神部冬馬さんが12月19日24時から日本テレビで放送される、「有吉反省会」に反省人として出演されます。

一体、何を反省されるのでしょうか?

そのヒントは、神部冬馬さんのオフィシャルブログに隠されていました。

クジラオフィシャルサイト

http://www.tomakambe.net/

表紙のページに「名前が…改名!?」と記されています。

これは、「名前に関する反省なの?」という予想を立てますが、果たして当たっているのでしょうか?

スポンサードリンク

神部冬馬さんのプロフィール

profile_toma3

画像引用 http://www.tomakambe.net/profile/

名前 神部冬馬(かんべとうま)

生年月日 1978年12月14日(37歳)

出生地 東京都

家族構成 父 神部和夫(音楽プロデューサー)

母 イルカ(シンガーソングライター)

妻、娘(前妻との間の子)

 

神部冬馬さんと現在の奥様は再婚で、前妻との間に娘さんをもうけていたようです。

親権は神部冬馬さんにあるようで、再婚されるまではきっと周囲の手を借りながら大事に育ててらっしゃったんではないでしょうか。

現在の奥様は一般の方のようで、2012年に再婚されたようです。

 

お父様はシュリークスのメンバーだった神部和夫さんで、お母様はシンガーソングライターのイルカさんです。

こんな音楽の才能のある両親を持たれると、自然と音楽の道へと進むことになるのでしょうか?

そんなことを考えながら、神部冬馬さんの経歴を調べてみました。

神部冬馬さんの経歴

やはり、世間でいうところの二世にあたることもあり、自然と音楽の道を進まれたようですね。

2007年、お父様の神部和夫さんが死去され、その悲しみを乗り越えたところから本格的な音楽活動を開始されたそうです。

2008年、お父様の一周忌に「小さき者」という曲でデビューを果たしました。

2009年、サッカー好きからサポーターをしていたヴァンフォーレ甲府の公認応援歌「君は青い風/泥だらけの靴」をリリース。

2015年にはヴァンフォーレ甲府の後援会会長を務められているそうです。

好きなものがあるって強みになりますよね。

そこから色々な事柄に派生していくこともありますからね。

 

さらに、2010年には山梨県公認「やまなし大使」に就任されていることから、山梨県の方にその功績が認められたということでしょう。すごいですね!

やはり、エフエム甲府や山梨テレビでの活躍が大きいのでしょうか?

ラジオパーソナリティやテレビ、舞台にと活躍の場を広げていらっしゃる神部冬馬さんの今後の活躍に期待ですね。

 

ちなみに、放送日の12月19日の13時から山梨県韮崎駅前にある「韮崎市民交流センター ニコリ 共用スペース」にて、クリスマスコンサートをされるそうです。

入場料は無料ということなので、こちらをご覧になって間に合う方はぜひ神部冬馬さんの歌声を聴きに行かれてはいかがでしょうか?