女優の小林綾子さんが「有吉反省会」に出演です。

今回の反省は「猫と話せると言い張り周囲を困惑させている」ことだそうです。

猫と話せるとはどういうことなんでしょうか?

小林綾子さんがどんな人なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

小林綾子さんのwiki風プロフィール

e0037439_150572

画像引用 http://ohzawa.exblog.jp/

名前 小林綾子(こばやしあやこ)

生年月日 1972年8月11日(43歳)

出生地 東京都

血液型 A型

身長 158cm

所属事務所 東映マネージメント

趣味 旅行、登山、読書、映画鑑賞

特技 クラシックバレエ、ソシアルダンス、ピアノ、日舞、ウクレレ、英会話、茶道(表千家講師)

性格は真面目だが、天然な一面があるようです。

小堺一幾さんや関根勤さんからは「師匠」と呼ばれるほどだとか。

最終学歴は立命館大学文学部英文科。

大学時代、オクラホマ大学での語学研修に参加。

英会話が特技というのがうなずける経歴ですね。

小林綾子さんの出演作

cast_07

画像引用 http://pr.livedoor.com/

小林綾子さんの代表作といえばなんといっても「おしん」ですよね。

「おしん」は1983年4月から1984年3月まで、NHKで放送されていたNHK連続テレビ小説です。

kobayashiayako-oshin

画像引用 http://alwaysnewstrend.com/

小林綾子さんは主人公の少女期(第4回~第36回)を演じました。

原作・脚本は橋田寿賀子さん。

物語は明治から昭和にかかる谷村(田倉)しんの生涯を描いたものです。

平均視聴率は52.6%で最高視聴率は62.9%だったそう。

現在では信じられないほどの高視聴率番組だったんですね。

また、日本だけではなく世界68か国で放送されていました。

世界では「おしんドローム」という言葉が生まれ、「世界で最もヒット日本のテレビドラマ」と言われているそうです。

そんな有名作品の主人公を演じていたなんてすごい経験ですよね。

おしん出演後も「渡る世間は鬼ばかり」や時代劇、2時間サスペンスなど多数のドラマに出演されています。

また、映画や舞台、ラジオ、CMなど多岐に渡って活躍。

今後の活躍も楽しみな小林綾子さん。

注目したいと思います。

小林綾子さんの離婚理由については次のページへ