コンポーザー・ピアニスト(作曲家兼ピアニスト)の中村天平さんが「わたしはワケあり成功者~ドン底からの逆転学~」に出演です。

「わたしはワケあり成功者」は、過去に特殊な”ワケ”を持ちながらも成功者へと登りつめた”ワケあり成功者たち”の人生をひも解く番組です。

彼らは、ドン底からいかにして成功者になったのか…その理由に迫ります。

今回のゲストは、世界から注目されている元ヤンキーのピアニスト中村天平さんです。

元ヤンキーという過去を持ちながら、芸大を首席で卒業したという中村天平さんがどんな方なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

中村天平さんのwiki風プロフィール

UWYoYce6

画像引用 https://twitter.com/tempeizm

名前 中村天平(なかむらてんぺい)

本名 同じ

生年月日 1980年7月19日

年齢 35歳

出身地 兵庫県神戸市

血液型 O型

出身校 大阪芸術大学芸術学部演奏学科

趣味 神社、自然、田舎巡り、ドライブ、風景写真撮影

好きな景色(場所) 夏の吉野の山々、天川のみたらい渓谷、和歌山の海、夕焼けで赤くなっている古電車と田んぼ、田舎の風格がある神社、四万十川、熊野古道

座右の銘 鉄は熱いうちに打て、善は急げ、一期一会

集めているもの 思い出

 

好きな景色(場所)に本当に素晴らしいところばかりを挙げられています。

これらの素晴らしい景色が素敵な曲の元になっているのでしょうか。

中村天平さんは自身の曲についてこう語ります。

凄く心に残る体験をして、何ヶ月も後にその想い出を思い返したりする事で、曲が生まれてくる事があります。想い出が大きいほど思い返した時せつなくなり、ノスタルジーを感じる事によって曲が生まれてくるのだと思います。人の人生や想い出というのは一つ一つ物語だと思うんです。そして、僕は自分自身の物語のサウンドトラックを作っているんです。自分の想い出を思い返した時、その想い出から生まれた曲が僕の頭の中で流れてくる事があります。いつか年老いて自分の人生を振り返った時、その人生という物語の中では、僕がこれから作っていく幾つもの曲が流れているでしょう。また、僕の曲がみなさんの想い出のサウンドトラックになる事が出来れば嬉しいです。

 

出典:ブログ 天平の世界を巡る音楽修行の旅日記

かっこいいです!

このように考えて曲を作られているんですね。

後程、その素晴らしい曲たちと中村天平さんの動画をご用意しておりますのでお楽しみに!

中村天平さんの経歴

Z226000807

画像引用 http://www.cdjournal.com/

1980年7月19日、三重県名張市に生まれ、その後神戸へ移住。

1985年頃、兄と姉が音楽教室に通っていた影響で、5歳よりピアノを始めました。

1993年~2000年、中学生になり、完全にピアノから離れたそうです。

しかし、1995年1月17日起こった阪神大震災で自宅が全壊しました。

私も体験しましたが、すごい揺れで棚が倒れたのを覚えています。

その後は大阪府堺市に転居。

高校生の頃、ケンカに明け暮れ高校を半年で停学になり、中退されました。

当時の写真がこちら。

DSC05967

画像引用 http://01670167.blog74.fc2.com/

中退後は一人暮らしを開始し、解体業をしていました。

しかし、心境の変化があり音楽の道を志すことに。

音楽専門学校を経て、大阪芸術大学芸術学部演奏学科に進学。

2004年、大阪芸術大学芸術学部演奏学科を首席で卒業。

中学時代にピアノから離れたのに、首席で卒業するとは…中村天平さんは素晴らしい才能の持ち主のようです。

同年7月、自主制作CD「Tempei」をリリース。

2006年11月、「幻想曲」で東芝EMI”音楽で生きていく!”オーディションで優秀作品賞を受賞。

2007年、テレビ朝日系「題名のない音楽会21」に出演。

2008年6月18日、メジャーデビューアルバム「TEMPEIZM」をリリース。

2008年8月下旬~12月、全国8か所で「TEMPEIZM 天平 CONCERT TOUR2008」デビューツアーを実施。

その後、アメリカやオランダ、ドイツ、ウクライナ、イタリアなど世界で活躍。

アメリカではニューヨークの地下鉄のホームで、シチリアではエトナ火山のふもとで演奏を行うなど様々な試みをされています。

今後はどのような活躍をされるのでしょうか?

楽しみですね。

中村天平さんの結婚については次のページへ