福井県で人気の地域密着型コンビニ「オレボステーション」や「オレンジBOX」を運営する大津屋の社長・小川明彦さんが「カンブリア宮殿」に出演です。

「オレボステーション」の特徴は、なんといっても店内調理で惣菜を作っていることです。

村上龍さんがそのことについて、社長の頭の良さと慎重さと戦略が現れていると高評価しています。

大津屋の独自戦略や社長・小川明彦さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

社長、小川明彦さんのwiki風プロフィール

case_000

画像引用 http://www.orebo.jp/

名前 小川明彦(おがわあきひこ)

生年月日 1956年8月1日(59歳)

出生地 福井県

最終学歴 慶応義塾大学商学部卒業

東京の大学を卒業後、地元福井県に戻り「大津屋」を継ぎました。

訪問型の酒店の経営に限界を感じ、来店型に注目。

そこで、福井県で初めてのコンビニ「オレンジBOX」を開店しました。

経営コンセプトは

先見力をもって市場をみつめ、潜在的な顧客のSEEDSを発見し、
それを積極的に実現させることによって地域社会に貢献する。

 

出典:大津屋ホームページ

だそうです。

地域の方に受け入れられる店舗運営を目指しているようです。

また、著書「中小企業だから仕掛けられるマーケティングの裏技」を出版されています。

大津屋やオレボステーションについて

header-image-company

画像引用 http://www.orebo.jp/

大津屋は天正元年(1573年)に酒造業として創業。

両替商も営んでいたようです。

とても歴史があるようですね。

昭和38年に株式会社大津屋を設立。

昭和56年に福井県で初のコンビニ「オレンジBOXおおつや」を開店。

その後、オレボステーションを展開。

現在は「オレボビズスクール」を開講するなど、教育の世界にも進出しています。

header-image

画像引用 http://www.orebo.jp/

「オレボステーション」は客単価で全国2位平均日版でも4位という実力を誇っています。

福井市民で知らない人はいないという人気ローカルチェーン店です。

現在、6店舗が展開されています。

その特徴としてはやはり、店内調理された惣菜が置かれているということでしょうか。

そのスペースは店舗の半分に及びます。

company_info_sta02 (1)

画像引用 http://www.orebo.jp/

また、その惣菜をいただくことのできるファミレスのような食事席もあります。

もちろん食品や日用品も置かれており、その品物も独自性が感じられるものだそう。

「月に20回は来店する」という熱狂的なファンがいるほど。

その秘密が気になります。

まずは、店舗情報から。

  • オレボステーションフェニックス
  • オレボステーション高木中央
  • オレボステーションいたがき
  • オレボステーション米松
  • オレボステーション北鯖江パーキングエリア(下り)
  • オレンジBOXおおつや
  • オレボキッチン&これがうまいんじゃ大津屋
  • オレボキッチンベル

大津屋が運営している店舗は以上になります。

オレボキッチンではお弁当の注文を受け付け、配達も行っているようです。

各店舗の場所や特徴について詳しくはこちらをご覧ください。

大津屋ホームページ http://www.orebo.jp/

また、これがうまいんじゃ大津屋オンラインショップもあります。

福井産のお米や魚、惣菜までお取り寄せできるようですよ。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

これがうまいんじゃ大津屋オンラインショップ http://koreuma.shop-pro.jp/

 

やはり、人気の秘密は店内調理された惣菜のおいしさと、1g1円というお手ごろな値段設定のランチバイキングや1g1.2円のディナーバイキングなどでしょうか。

406b506b-s

34955cda-s

画像引用 http://orebo.blog.jp/

他にもフリーチョイスオードブルなど様々なバリエーションが用意されているようです。

5b383cec-s

画像引用 http://orebo.blog.jp/

・販売店舗

オレンジBOXおおつや

オレボステーションいたがき、フェニックス、高木中央、米松

オレボキッチンベル、エルバ(お盆・正月・土日祝祭日を除く)

上記店舗のみの販売になるそうです。

 

私の住んでいる地域にはこのようなコンビニはないので、福井県の方が羨ましいです。

 

今回の放送ではそのユニーク経営の実態に迫るそうです。

小川明彦さんは何を語るのでしょうか?

放送が楽しみですね。