椿本チエインの代表取締役会長兼CEOの長勇さんが「カンブリア宮殿」に出演です。

回転寿司やジェットコースター、仕分マシン、リフトなど様々な物を動かすために必要なチェーン。

今回の「カンブリア宮殿」はその世界トップメーカー「椿本チエイン」に焦点を当てるようです。

様々な企業のヒミツに迫ってきた「カンブリア宮殿」。

「椿本チエイン」は今から100年前、椿本説三さんが創業しました。

そのチャレンジスピリットをもって、世界トップメーカーに登りつめました。

そんな「椿本チエイン」や長勇さんがどんなことをされているのか、どんな方なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

長勇さんのwiki風プロフィールと経歴

20160331

画像引用 http://www.tv-tokyo.co.jp/

名前 長勇(おさいさむ)

生年月日 1949年(昭和24年)1月20日

年齢 67歳

最終学歴 青山学院大学理工学部卒業

昭和46年4月、椿本チエイン入社

平成10年4月、マテハン事業本部企画部長に就任

平成12年4月、本社部門本部人事部長に就任

平成16年6月、執行役員に就任

平成17年6月、取締役に就任

平成19年6月、常務執行役員に就任

平成21年6月、代表取締役社長に就任

平成24年6月、中国事業統括取締役会長に就任

平成27年6月、代表取締役会長、最高経営責任者に就任

このように、長勇さんは「椿本チエイン」において、順調に出世街道を進んでこられたようです。

長勇さんの年収

「椿本チエイン」従業員の平均年収は650万円のようです。

平均年齢は43歳。

従業員数は7398人。

平均年収ランキング「近畿圏528社」で154位という中々の上位に名前が挙がっています。

詳しくはこちら→東洋経済オンライン

一方、役員報酬に関しては平均年収3685万円で役員(取締役、執行役)は7人いらっしゃいます。

詳しくはこちら→東洋経済オンライン

これらのことから、「椿本チエイン」の会長である長勇さんの年収は3685万円以上であることが分かります。

しかし、会長ということなので他の役員よりはあると考えられます。

私の予想では5000万円以上1億円未満ではないかと思うのですが、いかがでしょう?

椿本チエイン

2015photo

画像引用 http://www.tsubakimoto.jp/company/group-policies/message/

左の方は代表取締役社長兼COOの大原靖さん。

右の方は代表取締役会長兼CEOの長勇さん。

お2人とも笑顔が素敵ですね。

 

大阪府北区の中之島に本社を構える「椿本チエイン」。

国内外30の生産拠点とグループ会社37社を有しているようです。

こんなに大きい規模の会社だったということを私は初めて知りました。

 

「椿本チエイン」は「チェーン事業部門」「自動車部品事業部門」「精機事業部門」「マテハン事業部門」の4つの事業を行なっています。

最近では仕分マシンやリフトなどで話題になることが多いようですね。

 

「椿本チエイン」のトップメッセージ

世界のリーディングカンパニーへ

つばきグループは、1999年4月にミッション・ステートメントを制定し、「世界のリーディング・カンパニーを目指して、顧客にベスト・バリューを提供しよう」を旗印に、「パワートランスミッション」と「マテリアルハンドリング」の事業分野で、グループ一丸となって事業活動を推進してきました。その結果、今では世界23カ国で7000人以上が働く企業集団へと成長してまいりました。

当社グループは2017年に創業100周年を迎えます。 この創業100周年以降もモノづくり企業として持続的成長を果たすため、2020年度をターゲットとする「長期ビジョン2020」を策定。その具体的アクションプランである「中期経営計画2016」を2014年度よりスタートさせました。 マーケット重視の企業文化へと転換し、お客様の潜在的なニーズに的確にお応えする商品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献し続けていきたいと考えております。

一方で、ビジネス環境は変化しても、お客様のために尽くすという基本姿勢とモノづくりへのこだわりは不変です。「安全・品質・コンプライアンス」を最優先に、社員一人ひとりがイキイキと働ける会社、やりがいや働きがいを感じられる会社を目指すとともに、社員一人ひとりのチャレンジ精神を原動力に、グローバル市場での持続的成長を果たしてまいります。

2015年6月

出典:株式会社椿本チエイン トップメッセージ

 

「カンブリア宮殿」のメインインタビュアーの村上龍さんは

チェーンを作るだけじゃなくて、そのチェーンが何に使えるか考えたり提案したり、使う人からの提案を受けたりするのがすごい。部品メーカーではなかなかできることじゃない

と、おっしゃっています。

とても高い評価ですね。

 

村上龍さんも認めるすごい企業である「椿本チエイン」は今後、どのように展開していくのでしょうか?

楽しみですね。