放送作家で脚本家の小山薫堂さんが「アナザースカイ」に出演です。

小山薫堂さんは京都市左京区にある「下鴨茶寮」を経営されています。

食通として知られる小山薫堂さんのお店がどんなところなのか、気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

下鴨茶寮とは

安政3年(1856年)に創業。

160年近く続く京料理茶懐石のお店です。

京都だけが持つ独自の文化や美しさを、お料理やおもてなしの心を通じて、発信していくことを信条とされています。

下鴨茶寮の場所や評判

歴史と伝統に彩られた老舗料亭ということで、おもてなしは一流だそうです。

憧れとしている人も多く、記念日のお祝いなどで利用される方も多いですね。

また、下鴨神社の近くということもあり、参拝に行った帰りに贅沢なランチを。

という方にも人気のようです。

予算は

ランチ 10000円~

ディナーは20000円~

私には贅沢過ぎて手が出ませんが、記念日などで奮発したいときに利用してみたいものです。

お食事をする場所ですが、4名から30名まで利用できる個室とホールと呼ばれる相席形式で利用できる10名から30名用のお部屋があります。

各部屋はゆったりしていて、お庭を覗くことができるようです。

伝統とおもてなしの心を感じたい方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

そこで、場所なのです。

住所:京都市左京区下鴨宮河町62

アクセス:電車

・JR線、近鉄線京都駅から京都市営地下鉄烏丸線乗換え、

地下鉄「今出川駅」下車、タクシーで5分。

・JR等各線京都駅から市バス4、205「新葵橋」下車。徒歩5分。

・JR等各線京都駅からタクシーで20分。

・専用駐車場があるそうです。

営業時間

昼 11:00~15:00(ラストオーダー14:00)

夜 17:00~21:00(ラストオーダー20:00)

予約は電話かホームページから直接できるようですね。

電話番号:075-701-5185

ホームページ:http://www.shimogamosaryo.co.jp/

私はこのようなお店に行く際は、必ず予約をするようにしています。

その方が待つ時間などがありませんし、スムーズに対応してもらえるからです。

なので、行かれる際は予約してみてくださいね。

小山薫堂さんの言葉と東京進出については次のページへ