静岡で有名な和洋菓子店「たこ満」の代表取締役社長・平松季哲(ひらまつひでのり)さんが「カンブリア宮殿」に出演です。

「たこ満」は地域密着型の店として、地元では知らない人がいないほどの有名店だそう。

その秘密が知りたくて調べてみました。

スポンサードリンク

たこ満について

一見、たこ焼き屋?と思ってしまうような店名ですが、静岡県西部を中心に直営店16店、FC店1店、甘味処、沖縄・和洋菓子店「琉球ドルチェテラス」を展開する大所帯の「たこ満」。

  • 菊川市:小笠本店、小笠工場(製造のみ)
  • 掛川市:大東総本店、掛川本館、秋葉通り店
  • 御前崎市:浜岡本店、
  • 牧之原市:相良店、楱原店
  • 島田市:島田初倉本店、
  • 袋井市:袋井本店、浅羽本店
  • 磐田市:豊田店、竜洋本店
  • 浜松市:立野店、浜松本店、美方原店、笠井店、志都呂工房、
  • ファミリー店:遠州茶家(菊川市)

また、ホームページではインターネット通販で取り寄せも行っているようです。

こちらが「たこ満」のホームページ↓

https://www.takoman.co.jp/shop/

また、オフィシャルブログも展開していて、投稿として多いのはバースデーケーキのデコレーションの紹介ですね。

子供に人気のキャラクターを中心に、立体型のデコレーションまであります。

また、お店で行われるイベントや新商品の情報なども公開されています。

興味のある方は覗いてみてくださいね。

「たこ満」オフィシャルブログ↓

http://takoman.hamazo.tv/

たこ満の経営理念

経営理念は、「ひとりのお客様の満足とひとりの社員の幸せ」。

お菓子屋は一度でも不満があればお客様は2度とお店に来てくれません。

食べ物というものは、作った人の愛情を感じるから美味しいと思うもの。

そのためには、作っている社員が楽しく、仲良く、愛情をもってお菓子作りに当たる必要があります。

なので、「たこ満」では社員間のコミュニケーションが密にされています。

社員がトピックスを毎日発信する通信「デイリーニュース」や、給料袋に入っている「社長通信」、誕生日カードや経営計画書・進捗表、ありがとうカードなどで店舗でどのようなことが起こったのか、社長はどのようなことを考えているのか、現在の経営状況はどうなっているのかなど、様々なことを社員は知ることが出来るそうです。

そういったコミュニケーションを図っている会社はあまりないのではないでしょうか。

これが「ひとりの社員の幸せ」につながり、それが「ひとりのお客様の満足」に結びつく。

素晴らしい会社だと思います。

たこ満の評判や社長については次のページへ