フリーアナウンサーの吉川美代子さんが「爆報!THEフライデー」に出演です。

2014年5月31日にTBSを定年退職され、その後はフリーのアナウンサー及びキャスターとして活躍中です。

また、様々なバラエティ番組に出演。

現在、その活躍の幅を広げていらっしゃいます。

そんな吉川美代子さんの私生活が気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

吉川美代子さんのプロフィール

AS20140123003411_comm

画像引用 http://matome.naver.jp/

名前 吉川美代子(よしかわみよこ)

生年月日 1954年5月8日(61歳)

出生地 神奈川県

血液型 AB型

出身校 早稲田大学教育学部

趣味 ジャズを歌うこと

吉川美代子さんの若い頃、そして経歴

20140531134345

画像引用 http://domperimottekoi.hatenablog.com/

こちらが吉川美代子さんの若かりし頃の画像です。

現在にも面影があります。

当時からお綺麗だったんですね。

その吉川美代子さんの経歴ですが…

1977年4月、TBSにアナウンサー第17期生として入社。

これは、9年ぶりの女性アナウンサーの採用だったようで、若手時代は「TBSの松坂慶子」と呼ばれていたとか。

吉川美代子さんが本格的にアナウンサーを志したきっかけは、自身の通っていた中学校のブラスバンド部がTBSラジオの「子供音楽コンクール」に取り上げられたことだったそうです。

生徒を代表した吉川美代子さんがブラスバンド部の紹介をしたところ、当時同番組の司会を担当していた山本文郎アナに「素晴らしい紹介だったよ。君は将来の吉川アナウンサーですね」と褒められたことが強く印象に残ったそう。

そこから、アナウンサーを将来の目標としたようです。

子供の頃の将来の夢を実現したのはすごいことだと思います!

すごく努力をされたんだと思いますが、大学卒業が近づくにつれ少し弱気になり、教員免許を取得したというエピソードもあります。

やはり、強く願っていても弱気になる時期は必ず来ます。

そこをどうやって乗り越えていくかが大事なポイントにもなります。

入社試験の3次面接には憧れの山本文郎さんがいたそうで、吉川美代子さんは用意していた自己紹介文を捨て、山本文郎さんとのエピソードを語ったということです。

こんな偶然が世の中にはあるんですね。

驚きです!

入社してから、山本文郎さんとは親しくなり、「文さん」「美代子」と呼び合う親子のような関係になったそうです。

1978年、吉川美代子さんの思い出の番組「子供音楽コンクール」の司会への抜擢を山本文郎さんが直々に告げたところ、吉川美代子さんが大変喜んだそうです。

1981年1月~3月、国会記者クラブの記者を兼務。

1993年6月9日、特別番組「朝見の儀」の中継ではアナウンスを担当。

その後もテレビやラジオでの活躍の他、TBSアナウンサースクールの校長などその活躍は多岐に渡っています。

2014年5月31日、TBSを定年退職。

現在もフリーのアナウンサー・キャスターとして活躍されています。

吉川美代子さんの元旦那や猫との暮らしについては次のページへ